ゴム有

僕の彼女である蒔絵さんは、そもそもは風俗嬢だった。そして、僕との出会いも彼女が勤めていたソープランドだった。
蒔絵さんはS着だった。S着、つまりはスキン着用、つまりはゴム有である。そのソープランドにはNS可、つまりはノースキン、つまりはゴム無でやらせてくれる嬢も結構いたため、蒔絵さんは結構お茶を引いていたので指名しやすかった。
ぶっちゃけた話、「ソープに舞い降りた女神!」と言うほどのルックスでもなく、食品工場で割烹着を着て惣菜を作っている姿の方が似合いそうなお姉さんであり、人気はあまりなかったと思う。
そんな蒔絵さんに僕が強く惹かれたのは、ただ一つ、僕の童貞を卒業させてくれたからに他ならない。30手前にして全然その手の行為とは縁がなく、とりあえずこのまま魔法使いにはなりたくなかったので、お金を貯めてソープに行った。もちろん、美人さんが相手ならばそれに越したことはなかったが、初めてなので優しくリードしてくれそうな人がいいな、と思って指名の段階で目に付いたのが蒔絵さんだったのである。
ゴムフェラ
蒔絵さんは僕の想像通り優しい人だった。僕が初めてだと言うと「S着だけどいい?」と聞いてくれて、口でゴム有にしてくれた。漫画やエロ動画で知ってはいたが、初めて見る生マンコも熱がこもっていてそれだけで興奮ものだった。たちまち怒張した僕のチンコは結構大きかったらしく「ゴム無で試してみたくなっちゃうね」と、お世辞半分だとは思うが、いい気持ちの中で僕は蒔絵さんのリードで童貞を卒業したのである。
そこから紆余曲折があり、今では蒔絵さんはソープを辞めて僕の彼女になっている。「お金も貯まったし年齢的にもそろそろ潮時かな」と思っていた時に、僕が客として来て、ちょっと運命も感じたそうだ。そこで僕が口説きにかかったこともあって、アフターもするようになり、今に至るのである。
風俗嬢だった蒔絵さんを彼女にすることに僕は何の抵抗もなかった。それはやっぱりS着厳守が大きかったように思う。所詮、一枚の薄いゴムだが、その薄さ以上に蒔絵さんはもっと分厚いものを自分自身で守っていたような気がするからだ。
「こういう関係になったんだし、そろそろゴム無で試してみようかな」とほほ笑む蒔絵さんに対して、僕は取り出しかけていたゴムを引き出しの中にしまった。
円光掲示板
下着売ります掲示板

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !